書評「静かなたたかい」広岡和彦 自立援助ホームとは?

 著者は昭和16年生まれ、54歳で死んだ。

9月9日の講師、広岡智子さんの結婚相手だ。

「憩いの家」を作り、自立援助ホームを全国に。

「望みをたたれようとした子供達のための」一生

大人に裏切られ続けた子供達との信頼関係こそ。

実際の社会にはルールはあっても規則はない。

規則の方が楽で、自分自身の判断の方が大変だ。

自立援助ホームにいるうちに失敗すれば良い。

気長さがこそ必要だ。などの言葉が胸にしみる。

9月9日岸町公民館13、30の勉強会が楽しみ