クリの家東北の子供達応援し祈っています

2011年9月6日「クリの家サポーターズクラブ」では大震災で「保護者を亡くした子供達へ」カンパを送りました。送り先は「東日本大震災みやぎこども育英資金」です。http://www.pref.miyagi.jp/kosodate//01kosodate/kihukouza/kihukouza.htm  金額は5万円。
たくさんの方が亡くなり、親を無くした子どもたちがいると思います。これまでも「クリの家」では職員のNさんがボランティアに行ったりして支援して来ました。皆で応援しています。
苦しい中で子供達に頑張ってほしいと思っています。私たちの祈りの気持ちが届きますように。

「クリの家」の「タイガーマスク」さん、ありがとう。

お正月、さわやかニュースが日本中を駆け巡った。あちこちに現れた「タイガーマスク」さん達だ。絶妙のタイミング、ネーミングもあるが「この世は捨てたものではない。」と多くの人に思わせた。さしずめ、「クリの家」のサポーターズクラブの皆さん達や苦労されている「クリの家」の職員の方達、ボランティアで「クリの家」を手伝っている方達は「タイガーマスク」だ。「伊達直人」がこの街には大勢いるぞ。

クリスマスイブに行きました

知り合いの教会のクリスマスイブに行きました。小さな子供さんに目が行きました。泣けばママが抱いてくれる。回りの人も声をかけてくれる。子供にとって普通の風景です。自分の子供時代のクリスマスの楽しい思いでと同時に、「クリの家」の子供達の事を思いました。彼等、彼女等は子供時代どんなクリスマスを過ごしたのでしょうか?
「クリの家」は大事だと思いました。メリークリスマス!

クリの家の子供達にお年玉をカンパしてください。

いつも「クリの家」へのご支援ありがとうございます。今年もあと僅かです。「クリの家」の子供達に、お年玉を贈りたいと思います。個人的にはクリスマスプレゼントもと思っているのですが。出来れば暖かい、湯たんぽとかソックスなどと勝手に考えているのですが。大昔ですが子供の頃、クリスマスプレゼントやお年玉を貰った時は本当に嬉しかったです。
皆様の貴重なカンパの使い方は額にもよりますが、職員の方々におまかせしたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

小さき負傷者たちの為に  中島みゆき

年の暮れになって素晴らしいレコードが出た。中島みゆき「真夜中の動物園」(YCCW)。中の「小さき負傷者たちの為に」が見逃せない。「声もなき小さき者たちは、見開いた瞳も乾いて、力なき者たちは、ひれ伏して、爪まで縮めて、愛のある人間と愛のない人間の微笑みの違いなど読みわける術もなく、疑わずまっすぐに付いてゆく・・」先日もカンパを頂いた。「卑怯と闘う同士でありたい・・」志ある人が食事の手伝いやカンパや「クリの家」の掃除などをしてくれる。「同士」は多いと思った。私は弱い人間だけれど・・・。(A・M)